日本スタイルの食事を楽しもう

日本人なら「焼き味噌おにぎり」

おにぎりはおいしい
おむすびがイチバン美味しい。
なぜ、おむすびは、あんなにおいしいのだろうか。単に握ってるだけなのに旨い。今日は「焼き味噌おにぎり」を作ろうと思います。
簡単なレシピを紹介します。
ご飯は、ちょっとかために握る(表面を少し乾燥させておくと、網にくっつきにくくなるらしい)。
焼き網を準備して、これをしっかりと温めましょう。
弱火で、おにぎりの両面にほどよい焼き色がつくまで焼く(形が崩れるので、おにぎりをあまりいじらないほうがいいでしょう)。焼き色がついたら皿に取り、片面に味噌を塗りましょう。味噌を塗った方を下にして焼き網にのせ、軽く焼きます。同様に、反対側にも味噌を塗って焼くだけで完成です。
やっぱり、おむすびは「焼き味噌おにぎり」に一票ですな。おいしい、うまい、その他にもいろんなおにぎりがありますが、焼きおにぎりには、かないませんよね。日本人に生まれてよかった。コンビになどのおにぎりを試しましたが、どれも私にはシックリこないです。自分で焼いて作ったほうがおいしいですよ。

「アサリの味噌汁」の作り方

アサリの味噌汁はおいしい
ジャリジャリがいいね。何であんなに飲んだ次の朝、味噌汁を飲むと気持ちが良いんだろう。
なにかが、カラダにしみこむ感じでカラダにいい気がする。
まぁそういうわけで、「アサリの味噌汁」を作るレシピをのせます。
アサリは海水位の塩水(水1カップに小さじ1強の塩ぐらい)に浸し、静かで暗い場所に数時間おいて砂をはかせる(コレは重要なポイントなので必ず)。
それから、水洗いしましょう。気持ち慎重にアサリをきれいにします。鍋に水を入れて少し温めます。アサリを入れて煮立たせます。4から5分様子を見てから、煮てみそを溶き入れ、火を止めましょう。小口切りか、長さ1.5センチに切った小ねぎを椀に入れ、熱いアサリ汁を注ぐ。これで出来上がりです。簡単でしょう。ざっくりにしか載せてないので、あとはご自信のアレンジを加えましょう。

「納豆汁」は、おいしい

納豆汁はネギを入れるとおいしい
汁物に納豆を入れると、より美味しくなりますよ。いわゆる「納豆汁」ってヤツですね。表現が難しいのですが、美味って感じに仕上がります。
納豆はゴハンの上に乗せて食べるのもおいしいと思いますが、汁物にするとネバネバがマイルドになると言いましょうか、何と言うかあんかけのような感じになるのです(これ伝わるかな)。
私の場合は納豆をたっぷり入れて、ネギ、豆腐、油揚げの具で、毎日と言っていいほどイケるのです。ラーメン風にするのもアリですよね。
でも、カレーや牛丼なんかにかけて食べる方がいますが、私はNGなんですよね。いろいろありすぎて食べるのがメンドクサイことになりませんか。ゴハンと食べるのなら、納豆は1対1のタイマンですよね。

料理は少し工夫するだけでおいしくなる

オムライスは、デミグラスソース、ケチャップ、何派

オムライスはおいしい
あなたは「オムライス」を食べるとき、乗せるソースは何派ですか。
デミグラスソース、ケチャップソース、それともトマト缶やマヨネーズなどをアレンジして特製感たっぷりの特別なソース派でしょうか。
これらの習慣は、育った環境でいろいろ好みが違うと思いますが、これは実家のオフクロの味的なもので派閥は分かれることでしょう。
私は実家がケチャップを乗せる派だったのですが、大人になってデミグラスソースが乗ったオムライスを食べてからは、完全にデミグラスソース派になってしまいましたよね。
まぁ、どっちにしても「オムライスはおいしい」って言いたいだけなんですけどね。オムライスっていいよね。

「グラタン」の作り方いろいろ

グラタンはおいしい
「グラタン」って、オーブンが無いと作れないと思っていませんか。
実はフライパンがあれば、楽に作ることができるのです。男性は知らないと思いますが、少し料理をする女性なら当然ご存知のことでしょう。
作り方としては、フライパンで薄切りの玉ねぎをマーガリンで炒てください。火が通ったら小麦粉を加えて炒め、水(200cc)を少しづつ加えながらのばして行きましょう。ペースト状からトロトロの状態になるまでがんばりましょう。
それから、シチューの固形ルーを加えて、同時にミルクもプラスして少しづつ煮て溶かしていきます。主要の野菜(お好みで選びましょう)やマカロニ、ベーコンなどを加えて炒めながら馴染ませます。あとは塩コショウなどで味を調整すればOKです。
オーブンで焼く場合には、こんがり焼きあがるくらいで丁度イイと思います。調理的には簡単なものなので、いろいろお好みで工夫してみてはいかがでしょうか。いろんなグラタンが作れると思います。

どこに行っても「とんかつ」ばかり

とんかつがおいしい
豚がいいね。僕は、どこに行っても「とんかつ」を定食でいただいてます。
たまには、朝から晩まで「とんかつ」という日もありまして、油ギッシュです。前世はブタだと思います。「あれ共食い」っていいましたか。今日は自分でとんかつを揚げようとおもい実験してみました。準備がめんどくさい簡単な料理ですよ。
豚肉を用意します。1cmくらいの厚味で切ります。それから塩やコショウなどで調整するだけです。
小麦粉、卵(水少々を加える)、パン粉の順に衣をつけましょう。180℃の油で揚げる(だいたいの目安ですよ)。せん切りにしたキャベツを添えましょう。
これだけで完成となります。カラっと揚げたてはホント美味いですよね。ソースにもいろいろと工夫を加えると、なお美味しさにプラスが出ると思います。

カレーの隠し味や食べ方、おすすめ味などなど

カレーの隠し味ト~ク。君は何使うの

隠し味は「ココア」
カレーの隠し味についての話です。
聞いたことある方もいらっしゃることでしょう。「ココア」のことです。いつものようにカレーを作って仕上げにココアを入れるだけなのです。
量は味見しながらの調整でいいのでお好みでどうぞ。そうすると、とてもまろやかなカレーが出来上がるのです(超絶品だよ)。このことは、有名な料理人やカレー専門店などのプロの方達からも絶賛されています。隠し味としてはピカイチらしいです。意外と有名ってことです。あとは「チーズ」「チョコレート」「ミルク」などがありますね(これらは後々お話しますね)。どれもカレーの隠し味としては、最高の力を発揮しカレーを盛り立ててくれています。

残りカレーは、うどんに使いましょう

「カレーうどん」は美味しい
先日は「カレーの隠し味」の話を書きましたが、本日はそのカレーが残った次の日のおいしい使い方をご紹介したいと思います。
晩ご飯でカレーを食べると、翌日の朝ごはんもカレーってパターンが多いと思います(今朝もかよ。って台詞をはいた記憶がある方は多いのではないでしょうか)。
翌日まで残ったものを「カレーうどん」にすると超旨いのです。うどんの相棒「めんつゆ」を足すだけでおいしいカレーうどんが食べれるようになります。調整も普通のうどんを食べるのと一緒で、水との調合だけでいいのです。私はカレーうどんとパンって組み合わせですが、ご飯でもイケると思います。子供たちには好評なのでお試しください。

「キーマカレー」は大人に人気

スパイシーな香りがたまりません。「キーマカレー」に最近ハマリまして、いろいろ試しながら試行錯誤しながら作ってます。
カレーライスが大好きなのでいろいろ知ってます。簡単に「キーマカレー」の作り方をご説明しましょう。
用意するものとしては、いつものカレー用で使用する食材で良いと思います。家庭によってさまざまに特色があるでしょうから。ただ、ひき肉をプラスするといったところです。
まずは、タマネギから行きましょうか、2cmくらいに角切りします。それから、サラダ油と掛け合わします。それから3分ほど熱して、ひき肉を入れてよく混ぜ合わせます。それから、また加熱させ、3分くらいですかね。固まるのを防ぐようによくほぐします。細かくしたトマトやニンニク、生姜などと一緒にカレーのルーを混ぜ合わせて、また加熱していきます。
しっかり混ぜ合わせ、好みで何かを加えて混ぜます。再びラップをして、10分ほど蒸らします。そしたら、ほとんど出来上がりですが、少し寝かしたほうがよりおいしいらしい。あなたは、どのカレーが好きですか。チキンカレーも捨てがたいですが、最近は、キーマカレーに注目が集まっています。

中華って美味いんだな。日本風アレンジがたくさんあるね

料理情報「かに玉」の作り方

かに玉が美味い
私はご飯と食べます。「かに玉」を作ってみました。
レシピ通り作ると簡単にできてしまってビックリしています。意外とおいしいのです。自分で言うのも何ですけど「旨い」簡単なのでお勧めしましょう。
まずは、甘酢あんの材料はすべて合わせておくようにしましょう。
玉子を割って、ほどよくほぐします。蟹の身と塩、コショウ、鶏スープを混ぜます。お次はフライパンを使い、生姜を細かく切り刻み、長ネギを出来るだけ薄く切って、先ほどの生姜と混ぜて炒めます。
薄く切ったシイタケとタケノコを一緒に入れて、火にかけます。軽く火が通ったら玉子の投入です。
このときは混ぜながら具合良く焼き目がついたら裏返して、裏面も同じように焼くようにしましょう。次は甘酢あんのもろもろを加熱して、トロっとしたら玉子をかけて、ネギをバランスよくまぶして出来上がりです。
味は個人の好みがあるので、調整してください。簡単にできますよ。
作ってみると、なんだかおもしろくて私はハマリましたね。たぶん趣味になると思います。料理の話ね。

「えびチャーハン」の作り方を学びましょう

えびチャーハンの作り方
焼くとうまいですね。焼き飯が好きでよく作ります。今日は「えびチャーハン」を作ったので参考にと思いレシピなどを。
用意するものは「えび」ですね。食べれるように殻などを剥がしていきます。食べやすくするなら、一口大に切りましょうか。
フライパンを用意して、まずは玉子を準備しましょう。流し込んで半熟くらいになったらゴハンを投入です。玉子をゴハン全体に絡めるように炒めたら、お皿に取り出す。そして、主役の「えび」を豪快に炒めます。火が通ったら、炒めておいたゴハンと合わせて、ネギなどを加えて焼きを入れながら調味料の出番です。お好みで味を調えましょう。あとは盛り付けるだけです。
これで完成ですが他にも、材料をたしてもおいしくなると思うのでお好みでお試しくださいスープ、ラーメンでもいいですね、餃子、やっぱりお酒もいいですね。ビールですな。とにかく簡単にできるので、あと、忘れてました。チャーハンは温かいご飯を使う方が炒めやすいです。あとは運と技術があればオッケーだと思います。

餃子のお話

餃子の代表県はドコ
「餃子」というものは、何であんなにビールに合うものなんでしょうね。あればあるだけ食べちゃいますよ。
ラーメン屋に行くと私は10個は軽く食べます。「あそこの餃子は旨い。最高」とか、いろいろと情報はありますが、今日は年間消費量の争いについてお話したいのです。
餃子と言えば、あなたはドコを想像しますか。「宇都宮」を上げる人が多いと予想されますが、実は最近は違う結果になっているようです。意外と言っていいのか「浜松」と毎年激しいデットヒートを繰り広げているとかなのです。ここ何年も「栃木 VS 静岡」という戦いが行われていて、両県では大騒ぎになりその戦いは拮抗しているようです。
味については、どちらも甲乙つけがたい実力なので何とも申し上げにくいのですが、他県を圧倒して寄せ付けないものです。これは是非食べ比べてほしいものですね。どちらも最高な実力をお持ちです。