カレーの隠し味や食べ方、おすすめ味などなど

カレーの隠し味ト~ク。君は何使うの

隠し味は「ココア」
カレーの隠し味についての話です。
聞いたことある方もいらっしゃることでしょう。「ココア」のことです。いつものようにカレーを作って仕上げにココアを入れるだけなのです。
量は味見しながらの調整でいいのでお好みでどうぞ。そうすると、とてもまろやかなカレーが出来上がるのです(超絶品だよ)。このことは、有名な料理人やカレー専門店などのプロの方達からも絶賛されています。隠し味としてはピカイチらしいです。意外と有名ってことです。あとは「チーズ」「チョコレート」「ミルク」などがありますね(これらは後々お話しますね)。どれもカレーの隠し味としては、最高の力を発揮しカレーを盛り立ててくれています。

残りカレーは、うどんに使いましょう

「カレーうどん」は美味しい
先日は「カレーの隠し味」の話を書きましたが、本日はそのカレーが残った次の日のおいしい使い方をご紹介したいと思います。
晩ご飯でカレーを食べると、翌日の朝ごはんもカレーってパターンが多いと思います(今朝もかよ。って台詞をはいた記憶がある方は多いのではないでしょうか)。
翌日まで残ったものを「カレーうどん」にすると超旨いのです。うどんの相棒「めんつゆ」を足すだけでおいしいカレーうどんが食べれるようになります。調整も普通のうどんを食べるのと一緒で、水との調合だけでいいのです。私はカレーうどんとパンって組み合わせですが、ご飯でもイケると思います。子供たちには好評なのでお試しください。

「キーマカレー」は大人に人気

スパイシーな香りがたまりません。「キーマカレー」に最近ハマリまして、いろいろ試しながら試行錯誤しながら作ってます。
カレーライスが大好きなのでいろいろ知ってます。簡単に「キーマカレー」の作り方をご説明しましょう。
用意するものとしては、いつものカレー用で使用する食材で良いと思います。家庭によってさまざまに特色があるでしょうから。ただ、ひき肉をプラスするといったところです。
まずは、タマネギから行きましょうか、2cmくらいに角切りします。それから、サラダ油と掛け合わします。それから3分ほど熱して、ひき肉を入れてよく混ぜ合わせます。それから、また加熱させ、3分くらいですかね。固まるのを防ぐようによくほぐします。細かくしたトマトやニンニク、生姜などと一緒にカレーのルーを混ぜ合わせて、また加熱していきます。
しっかり混ぜ合わせ、好みで何かを加えて混ぜます。再びラップをして、10分ほど蒸らします。そしたら、ほとんど出来上がりですが、少し寝かしたほうがよりおいしいらしい。あなたは、どのカレーが好きですか。チキンカレーも捨てがたいですが、最近は、キーマカレーに注目が集まっています。