いつまでも健康意識を高めよう

「健康」がテーマです。健康のためのおすすめ情報

健康のために果物を食べよう
健康になるために何か対策していますか。

例えば、青汁を毎朝飲むようにしているとか。

朝食は果物だけ食べるようにしているなど、何でもいいのですが、とにかく体の健康のために行なっている。習慣づけているものがあればいいのです。

そんないろいろとある健康方法についてご紹介したいと思い、このサイトを立ち上げることにしたのでヨロシクお願いしますね。

これを読んだ全ての方が、健康で長生きできるような情報を載せたいと考えています。

運動系から、体の内側から健康にするサプリメント系まで。「こんなものが健康効果が高い」といわれるものなどに大注目したいと思います。

「寝る子は育つ」なんていいますね

寝る子は育つ
まずは、私の健康方法をご紹介したいと思います。

私の健康方法は「睡眠」ですね。たっぷり寝ることを心がけていて、1日平均7、8時間は寝るようにしています。

大人になると、このぐらい寝ることは難しい人もいることでしょうが、私はこのことを習慣づけることに成功しているのです。

もちろん、友人等の飲み会の誘いも断ることが多くなりますが、今ではこのぐらい睡眠を取らないと1日の調子が優れない体になってしまいましたね。

「寝る子は育つ」なんて言葉もありますから、一番簡単で体の健康に良い方法だと思います。

健康法として、たっぷりと睡眠を取ることをおすすめしますね。気持ちいいものですよ。

「健康習慣」がポイントなのだ

サラダから食べよう
健康のために、何かを習慣づけるクセをつけるようにしましょう。

食事にサラダが出されたら、真っ先にサラダから食べるようにしてドレッシングは少なめ、あるいはかけないでいただくようにするとかです。

生の野菜には「酵素」がたっぷり詰まっているので、先に食べるように習慣づけると良いとされています。

このように体の健康を考えて、いろんなことに工夫を加えていくようにすれば、簡単に健康習慣がつくようになると思います。

このサイトでは、これからも「健康」について、どんどんおすすめしていきたいと思います。

人間は健康が一番ということ感じていただければいいかな。

食事は野菜を中心に

野菜を中心に食生活を考えよう
先日は「食事は野菜から先に食べる」と、ご紹介しましたが、基本的に毎日の食事は野菜を中心に献立を立てるようにしましょう。

揚げ物などの濃い料理は、出来るだけ少なめにし(出きれば食べないのがベスト)、野菜と魚を毎日しっかり食べるような習慣づけをおすすめします。

そして、規則正しく食事を取ることも重要です。

朝食は、果物やサラダなどにして、昼食は「軽食(もちろん野菜が中心)」で、夕飯はできれば18時までには済ましておきたいものです。

それ以降の時間帯は「食べない」という選択を取りましょう。

ダイエットにもつながるし、健康的なバランスも保てるからイイと思います。

食事を分割して食べる人もいます

食事を分割して食べる
ある人は、毎日の食事を10回に分けて食べる健康法を行なっているそうです。

私の知り合いにいるのですが、彼女は体のラインを崩さないように心がけていて、小さい分量の食事を取るようなのです。

単純計算だと、1時間に1回くらいのペースですね。おにぎり1つ食べるとか、サラダだけ食べるとか、食べるものもバランスを考えていて、これまた「揚げ物」はNGとか(やっぱり、油を使用した肉料理はみなさん気をつけているようですね)。

自由に、何でも好きなものを食べるってこともストレスを感じさせない、ある意味の健康法だと思いますが、糖尿病などに早くなるかもしれませんね。

ですから、いつまでも健康で元気に過ごすためにも食事の質に気をつけることも考えましょう。

DHA・EPAサプリは脳に良い働きをする

魚に含まれるDHA
DHAとEPAって皆さんが口を揃えて、頭の回転を速くしたり、記憶力の向上を図ったりする成分でしょって言いますよね。まさに脳に良い一択で定着しているかと思います。

少しだけ誤解しているのは、あくまでDHAが脳を活躍させるのに優れているということです。

EPAは脳に直接働きかけることはしません。その脳に送られる血液の向上に良い働きがあります。

体内でDHAとEPA、この2つが揃うことが大切で、どちらかに偏ってもいけません。この2つの成分がいっつもセットなのは、あわさることでの相乗効果が期待できるからです。

これらを体内で増やそうと思うなら代表的なものとしては魚とサプリですが、一日の摂取量を魚食だけで取り入れることは難しく、食べる量に限界があります。

魚って特にひとり暮らしの独身サラリーマンって絶対調理しませんよね。とくに若いうちは、肉中心になりがち。肉ならさっと焼いて食べれるものの、魚は、グリルなんてそもそも備え付けじゃないし、後片付けもめんどくさいから、まず調理しません。

できれば、お刺身が少し安くなる時間帯を利用してスーパーで狙い撃ちするか、魚の缶詰を大量に買いだめしておく習慣を持ってほしいです。

それができないなら、血液の数値が悪くなる前に早めのDHA・EPAサプリ対策を始めてほしいです。

特にお酒が大好きで毎日飲まないといけない人、営業マンでどうしても飲みの席が多く、食生活に自信がない人はDHA・EPAの摂取をおすすめします。

参考情報 → DHA・EPAサプリメント DHA・EPA 健康食品

便秘にはライオンのサプリメントもイイらしい

便秘の悩みを解決
便秘の悩みに良い効果を出すらしい「ラクトフェリン」

「便秘とは無縁な生活だったのですが、突然なった感じですね。

そのときにネットで探した「ライオン・ラクトフェリン(サプリメント)」が、とても効きました。

便秘で悩んでるならラクトフェリンをおすすめします。飲んで1ヶ月のも経ってなかったと思いますが、簡単にお通じが良くなりました。

毎日3粒程度飲むだけで全快になり、それからは便秘に悩まされたのを忘れるぐらい、一度も便秘気味というものはないですね。」

という口コミで、便秘症でお悩みなら、ライオンのサプリメントはいいかもしれませんね。お試しタイプもあったし、試す価値はあると思います。

視力の健康なら、わかさ生活のサプリメントもイイ

視力の健康にブルーベリー成分がイイ
サプリメント、1粒の中にブルーベリー果実が約200個分以上が濃縮されていて、目の健康をしっかりサポートしてくれるのです。

この濃縮量というものは、他のブルーベリー系のサプリメントとは段違いの濃縮っぷりで、人気実力も圧倒的な差があるようです。こちらのメーカーは、コマーシャルでも有名ですよね。

「ブル×2♪アイ×2♪ブルベリーア~イ♪」ってやつです。

可愛らしく覚えやすいしね。

とにかく、目に健康を与える成分が詰まったサプリメントで、その働きはかなり高いと評判です。

多くの方から選ばれる健康食品ってことは、それだけ実力は本物ってことではないでしょうかね。

万田酵素で体内酵素を増やす健康ダイエット

ボールタイプの健康食品
酵素を体内に増やして、健康とダイエットを手に入れたいと思います。

私もついに酵素デビュー。万田発酵「万田酵素ひと粒のちから」で体内の酵素を増やす作戦を決行します。

酵素を使うと身体に無理なく健康的なダイエットができると言われていますよね。

酵素ドリンクなら、食事の変わりに置き換えするタイプがあって断食的なものになります。

カロリーも少なく栄養素もしっかりと摂れるものなので大きな期待が持てると大人気のヒット商品になっています。

万田酵素はサプリメントの部類に入るようですが、小さな錠剤タイプではなく少し大きめのボールタイプを齧るといった形なのです。

値段的な問題もあるので、まずは万田酵素からはじめます。

結果は、またこちらでご報告しますので、しばしお待ちください。

「ヘルスケア」の話をしようよ

健康的なヘルスケアライフ

今の時代、健康的な生活を送りたいと考えておられる方も少なくないでしょう。

多くの方は生活習慣の乱れからおこる持病が思うように改善されないからです。

そんなヘルスケアライフを保つためには、何に重点をおくべきなのでしょうか。

重視するポイントの中にはサプリメントであったり、適度な運動などの取り組みがされていまする。

また最近、全国各地で【地域の次世代ヘルスケア産業協議会】などが設立されるようになり、地域におけるサービスの向上に力を入れているようです。

この協議会の主な活動目的の結果から、地域の方が健康的な生活をすることで平均寿命が延びること。

また生活の豊かさ(QOL)が向上することが期待できます。

地域全般または国民全般レベルでの医療費の削減にもつながっていくものと考えられます。

ヘルスケアを意識するなら階段生活をおすすめ

ウォーキングやジョギングをはじめよう
ヘルスケアのための運動はいろいろあります。

主な物はウォーキングやジョギングなどがあります。

全身のうち最も大きな筋肉は大腿筋で、この脚の筋肉を鍛えることは最も効果的な運動になります。

また、大腿筋を使うスクワット一回は、腹筋の数十回分に相当するほどエネルギーを使います。

このためダイエット効果も優れているのです。

毎日、足腰の運動が出来ればベストですが、仕事などの関係で毎日は困難になります。

そのような時は、駅などでエスカレーターを使わずに階段を利用するだけで効果があります。

毎日、駅の階段を利用するなど、ちょっとした工夫で大きな成果が得られます。

続けるというのは、ヘルスケアにとっては非常に効果的です。

このように、日常の行動を少し変えるだけで、効果的な運動が可能になるのです。

血圧チェックでヘルスケアを意識

自分自身のヘルスケアを行っていくうえで、指標の一つになるのが血圧です。

時々病院で測定する方も多いことと思いますが、実は毎日測定して記録をつけることが、ヘルスケアのために大切になってきます。

可能な限り、毎日朝晩と1回ずつ測定しておくのが理想的です。

これを継続して行うことで、自分自身の血圧と体調の関係を把握することができます。

単純に血圧の変化を見ていくだけでも、体調の変化に早く気づくことができます。

また、生活習慣の改善や薬の服用などを行っている場合も、その効き目の出方が把握しやすくなり、調整もしやすくなります。

これを行うには、自動の測定器がとても便利ですが、最近では測定結果を管理してくれるウェブサイトやアプリケーションなども登場しています。

これらを活用してヘルスケアに役立てるのも一つの手段です。