健康のために「ヘルスケア」を意識しよう

正しい睡眠は健康を生む

睡眠をしっかり取ろう
毎日の健康のためにいろいろなヘルスケアがあります。
バランスのとれた食事や栄養管理、適度な運動などがあります。
健康維持のためのいろいろな方法のうち、睡眠は非常に重要な位置にあります。
安静時であっても、脳はからだの約20%多くのエネルギーを消費するほど常に働いています。
この脳を休ませることと、身体の疲れをとるのが睡眠です。
眠っている間は成長ホルモンが分泌され、とくに成長期は成長ホルモンを沢山分泌させることが重要です。
成長期でなくとも、成長ホルモンには、大人にとっても重要です。
よく寝ることは若さを維持し、老化の防止にも役立ちます。
分泌される成長ホルモンによって、身体の修復を盛んにする作用があります。
ですから、疲れがとれるわけです。
また寝る時間が少なくなると、うつ病などの精神疾患がおきるリスクが増加します。
ストレスを感じる状態は、脳がつかれている状態であるとも言えます。
よく寝るとスッキリしますが、これは疲れがとれることによりストレスが解消されるからです。

男性のヘルスケアについて

男性のヘルスケアについて
男性のヘルスケアといってもいろいろありますが、更年期障害を自覚したら専門のクリニックなどを受診すると良いでしょう。
専門の医療機関が近くにないという場合、気になる症状に応じた科を受診することが大切です。イライラや不安、疲労感などの症状がある場合は精神科、発汗やほてり、動悸、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状は内科、勃起不全や頻尿などの症状は泌尿器科に行ってみると良いです。ちなみに、男性の更年期障害は生活習慣を変えることにより、症状を軽くすることができるということです。年齢を重ねると肥満になりやすくなるのですが、肥満になると男性ホルモンのであるテストステロンの働きが悪くなってしまいます。これが症状を悪化させる原因となるため、肥満の改善に心がけましょう。

企業に求められるヘルスケアって何

努力目標を打ち出しても、企業で働く従業員の考え方は容易に変えられません。
成果が出ない現実を理由としてヘルスケアを怠ってしまえば、健康を害する従業員が続出して生産性の低下につながります。企業組織内でヘルスケアに着目して理想通りの結果をもたらすためには、労働者の多くが潜在的に持っている感情に働きかけるべきです。
ヘルスケアに適した道具を導入して、そこから得られる数値の変動率が最も高い従業員を表彰する取り組みは効果が高いです。道具の種類は何でも良い一方、企業に所属する従業員が抱える身体的な問題点を記録できるものに越したことはありません。競争意識がなければ組織人として活躍できないので、この感情を有効活用してヘルスケアを進めます。