酵素と健康の重大な関係性をご存知でしょうか

生体反応に欠かせない酵素について

酵素はミネラルの種類やタンパク質の巻き付き方によって約2万種類以上があると言われ、今後の研究によってその数はさらに増えると予想されています。
食物では加熱前の生の肉や魚、新鮮な野菜や果物、みそや漬物などの発酵食品に含まれ、これを加熱した食品と一緒に摂取すると消化を助けます。

食欲があるのに調子が悪いときは酵素不足

酵素は果物から取れる
酵素は体のあらゆる生命活動を維持するために欠かすことができない成分です。
食欲がないわけではないし、ちゃんと食べているのになんだか調子が悪い、最近なんだか疲れやすくてなかなか疲れが抜けない。こんな風に感じる人はもしかしたらこうそ不足が疑われます。
酵素は熱に弱いので生の果物などをたっぷりととることで質の良いこうそを体内に取り込むことができます。できればこうした生の果物などの食品は食後ではなく食前に食べるのがおすすめです。食べ物の消化や体内の新陳代謝のために働き、特に不要になったものの排出には大量のこうそが使われます。効率よく大切な酵素を体に届けるためには、酵素ドリンクなどを上手に活用することもおすすめです。

食事を分解吸収するには酵素が必須です

健康志向の高まりから、食事のバランスを考えたり、サプリメントを摂られる方も多いと思います。しかし、せっかく身体に良い食事を心掛けても、酵素が足りないと、食事が栄養素に分解されず、吸収されないことをご存知でしょうか。
酵素は人間の生命活動、例えば体温を一定に保ったり、新しい細胞を生み出したりといった過程で必要な化学反応を、スムーズに進める働きをしています。1日に使える酵素には限りがあります。もし、足りないと化学反応が上手く進まず、例えば新陳代謝が滞ったりします。食事やサプリメントでしっかり補うことも大切ですね。
参考情報 → 酵素サプリメント 酵素 健康食品

酵素って不思議なんですよ

体に酵素を与えよう
体の中で酵素が不足すると体の動きが鈍くなってくるのです。そして、酵素とは歳を重ねると体内で作られにくくなっていくのです(だから、若いときに出来た動きも老化と共に出来なくなるのです)。あと、大事なことを書くのを忘れていました。
酵素は体で作られる量が一生で決められているの、その量をなるべく使わないようにするために外部から補うことが重要になるのです。酵素を多く含む食品をドンドン摂るようにして、体内の酵素を貯金するようにしましょうね。そうすることで健康で長生きできる体になるかもしれませんから。酵素を減らす速度をなるべく遅くしましょう。